ゴスペル・クワイアL.B.F.ディレクター紹介

HOMEDirector

L.B.F.ディレクター プロフィール

松谷 麗王 - Leo MATSUYA -

1969年生まれ。
学生時代からバンド活動を経て、東郷輝久氏に師事。

1991年に渡米し、ゴードン・エドワーズ率いる“STUFF2”のキーボード奏者ジミー・アレン・スミス、ビバリー・ハンショウ・スミス夫妻のもとでボイストレーニングを受けながらライブハウス『VILLAGE GATE』『ADERAIDERS』などに出演。

1993年帰国後、レコーディング、ライブ、ナレーションなどの活動を開始。亀渕友香率いるゴスペル・コーラスグループ“The Voices of Japan”に参加。

2002年ゴスペルグループ“Pencil Bunch”結成、現在も都内ライブハウスにて活動中。 (Pencil Bunchオフィシャルブログはこちら)

2003年、元“HiFi Set”の山本潤子らと“April”を結成、アルバム『10cc of tears』(ビクターエンタテインメント)を発表。全国でライブ活動を行っている。

2004年には、それらの活動と平行してコーラスグループ“M.A.S.H.”を結成。また、自己のオリジナルバンド“LOUDOGS”では映画『John and Jane Doe』(坂上忍監督)で主題歌を担当。

総勢100名以上のクワイアによる「Gospel Shower(大井町きゅりあんホール/2005年・2007年)」や「Faith(渋谷さくらホール/2014年)」など、スケールの大きなゴスペルコンサートを自主企画・制作・演出し、話題を呼んだ。

2014年には、ニューヨークで行われた東海岸最大のゴスペル・イベント「マクドナルド・ゴスペルフェスト」に日本人クワイアのディレクターとして参加し、日本人初となる指揮者を務め、2万人の聴衆から絶賛された。

都内複数のゴスペルクワイアの講師を務める他、ライブ活動、ツアーサポーターとしての活動など、多彩な才能を発揮している。

主な活動写真:松谷麗王

Album Release

April 『APRIL SECOND』 (2010.10.1)

April 『10cc of Tears』 (2003.6.21、ビクターエンタテインメント)

Album Chorus

CHEMISTRY・ 『Bright Lights』 (シングル『アシタヘカエル』 カップリング曲)コーラス参加

吉田直樹・シングルレコーディングでコーラス参加

堀込高樹(Kirinji)・ 『絶交』(アルバム『Home Ground』収録)コーラスアレンジ、 コーラス参加

Concert Tour

サマーソニック(2010)においてスティービー・ワンダーのコーラス参加

CHEMISTRY全国ツアーにコーラスで参加

CM Vocal

スマ婚、UNIQLO、大阪ガス、ソシエ・デ・エステ、不老林 など

CM Narration

コダック、ベネッセ、NTT、ファイザー製薬 など

Musical

『ONCE ON THIS ISLAND』

その他、多数

INFORMATION

Site MENU

Copylight (C) 2008 Gospel Choir L.B.F. All Right Researved.